ReUpの安藤不動産「創業昭和23年、京都屈指の信頼と実績」

不動産お役立ち情報

“購入”〜購入までの流れ〜

1.不動産会社に購入の相談をする。

お客様のご相談、ご要望やご不明な点などお気軽にご相談下さい。豊富な情報と経験を持つスタッフがアドバイスを致します。なんでもお気軽にご相談ください。

2.資金計画をたてる。

新しいお住まいのご予算や自己資金、ローンの借り入れ、返済プラン、諸費用等をトータルにプランニングいたします。

ローンシミュレーションはこちら

諸費用の内訳

印紙代 売買契約書やローン契約書に貼付する印紙代です。
ローン諸費用 ローン事務手数料・ローン保証料などの諸費用です。
保険料 火災保険料などです。
登記費用 登録免許税 土地や建物を建築したり購入したりしたときは、所有権保存登記や移転登記等をします。この登記をする際にかかる税金が登録免許税です。
登記手数料 登記手続きの際の司法書士への報酬です。
固定資産税
(日割りで精算)
固定資産税課税標準額の1.4%です。
都市計画税
(日割りで精算)
都市計画税課税標準額の0.3%です。
仲介手数料 仲介物件については、成約の際に規定の仲介手数料(別途消費税)を申し受けます。
不動産取得税 不動産を取得したとき、都道府県が課税する地方税です。
その他 引っ越し費用などです。

3.物件の紹介

お客様のご希望の物件をお探しいたします。

ご希望の物件が見つかれば現地の見学をします。間取り、収納、日当たり、駐車場、交通、周辺環境などを確認しておくことが重要です。

チェックポイント

●気になる物件は現地見学に行きましょう。

敷地条件や、内装・外装の材質、汚れ、ひびなどの状態、部屋数、間取りごとの使いやすさ、各部屋の向き、日当たり、風通しなどを確認しておきましょう。特に収納スペース等は要チェックです。

●周辺環境も確認しましょう。

交通機関の状況、周辺道路の交通量・混雑状況など、教育施設、公共施設は必ず確認しましょう。

4.購入物件を決定する。

お客様が納得する物件が決定しましたら、購入申し込みを行います。

5.売買契約を結ぶ。

お客様と売主様の合意のもとに契約関係書類を作成します。

重要事項説明内容を十分にご確認の上、売買契約を締結いたします。

お客様にご用意して頂くもの

  • 仲介手数料半金(別途消費税)
  • 印鑑(ローンご利用の場合は実印)
  • 手付金(現金か預金小切手かを事前に確認しておきます)

6.ローンの申し込み

住宅ローンのご相談、お申し込みをします。住宅ローンには、「公的融資」と「民間融資」があります。基本的には必要書類はお客様ご自身に揃えていただかなくてはいけませんが、お申し込み方法のご説明や手続きのお手伝いなど、スタッフがきめ細かくサポートいたします。

必要書類の内訳

  • 住民税決定通知書
  • 不動産売買契約書の写し
  • 収入証明書(または所得証明書)
  • 融資の申込書類一式(融資機関ごとに異なります)
  • 実印と印鑑証明
  • 印紙代 など
  • 重要事項説明書

7.決済及び引渡し

残金のお支払い、諸手続きが終わると物件のお引渡しです。

最後までスタッフが責任を持ってサポートいたします。

決済時にご用意いただくもの

  • 残金(売買代金から手付金と中間金を差し引いた額)
  • 固定資産税等の精算金
  • 管理費などの精算金
  • 登記費用(登録免許税+司法書士への報酬)
  • 仲介手数料(別途消費税)
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑証明(抵当権設定時のみ)
  • 住民票(所有権移転登記用)※法人の場合は代表者事項証明

京都の不動産売買なら安藤不動産になんでもお気軽にご相談下さい!!

無料査定に申し込む

copyright © Ando-Fudousan All Rights Reserved.